昭和飛行機工業株式会社 Recruiting Site

不動産開発事業

Real Estate Development

広大な社有地を活用し、「昭和の森」として開発

「昭和の森」をベースに展開する昭和飛行機工業の不動産事業。昭和飛行機工業の不動産事業への進出は、昭和40年代後半頃まで遡ります。

当時、米軍に接収されていた昭島工場構内の飛行場と自然林が返還されることとなりました。返還された社有地を有効活用して地域社会の発展に資することを目的に「昭和の森」構想を策定。平成3年には昭島市との間に開発事業の基本協定を結び、開発に伴う公共施設・道路整備などを協力して行ってまいりました。昭和飛行機工業は、今後も社会のニーズ・変化にレスポンスする事業展開を図ってまいります。

昭和の森の顔

ショッピングセンター モリタウン

昭和59年の開業以来、約150の専門店と多彩なイベントで地域の方々のご支持を得て「昭和の森」の顔としての役割を担ってきた「ショッピングセンター モリタウン」。

平成26年には、地域の皆様に末永く愛されるショッピングセンターを目指し、屋外飲食店街をリニューアルしました。機能面では、雨天時でも傘を差さずに行き来できるよう配慮した構造とし、運営面では関東初出店の目新しいテナントを誘致するなど、競合他施設との差別化を図りました。これにより、屋外飲食店街はもちろん、その好影響は施設全体に波及。今後もモリタウンの魅力向上に努めて参ります。

いまだかつてないアウトドア特化型商業施設

MORIPARK OutdoorVillage

平成27年、昭和の森にアウトドアの魅力を体験・体感できるいまだかつてないスタイルの商業施設として開業した「MORIPARK OutdoorVillage」。

アウトドア初心者から本格派までのニーズにこたえられる充実した品ぞろえの専門店やアウトドアテイストの飲食店、ヨガスタジオを併設する関東最大級のクライミングジムの17店舗で構成されます。また、ショッピングなどの「モノ消費」だけでなく、アウトドア体験ができるトレイルレーンや芝生広場、カヤックの試乗ができる池、国際競技基準のクライミングウォールなど「コト消費」にも対応した施設です。

昭島市のランドマーク

フォレスト・イン 昭和館

昭和の森の緑豊かなロケーションを最大限に活用し、リゾート感覚とシティホテルの利便性を兼ね備えた「フォレスト・イン 昭和館」。

株式会社ホテルオークラと技術指導契約を締結し、同社のサービスを導入した都市型リゾートホテルとして開業しました。ツインルームを中心に、ロイヤルスイートなど98室の客室があり、1,500人収容の大宴会場、中小宴会場、レストラン、婚礼施設を完備しています。そのロケーションからドラマの撮影にも使われるなど、自然景観を活かした演出に高い評価を頂いております。