昭和飛行機工業株式会社 Recruiting Site

航空宇宙事業

営業部門

経済学 専攻 / 入社 3年目

この人たちのためにも頑張らないとなと思います

私の仕事とやりがい

「貴方が担当でよかった」

私は営業3課に所属しており、担当業務は航空宇宙関連製品の営業、販売活動です。商品としては、ハニカムコア、もしくはハニカムからなる複合材を主に取り扱っています。主なクライアントは各航空機メーカーです。航空機業界では基本的に一ヶ月の製品の生産量が決まっているので、クライアントとやりとりした内容をしっかりと製造部門に伝えて、納期通りに納品することが最も重要なことになります。

クライアントとのやり取りの中で「来年も私が担当させてもらいます」ということをお伝えした際に、「貴方が担当でよかった」と言われた時は、やはり嬉しいなと思いました。仕事をするうえで心掛けていることは、できるだけお客様と顔を合わせてお話しすること。おそらく仕事のしやすさ、話やすさを評価してくださったのかなと思います。その一言を聞いた時は、仕事のやりがいを感じました。

仕事での悩みは、商品の特殊性です。文系大学出身なので、航空宇宙関連の商品について馴染みもなく、覚えないといけないことは多いです。新人研修の際に一通り商品について学ぶ機会はありますが、いざ自分が商品の説明をすることになると先輩社員との力の差を感じてしまったりします。昭和飛行機工業は、営業のオフィスから工場までの距離も徒歩圏内ですので、なるべく工場へも足を運んで直接商品を知るように心がけています。

休日の過ごし方

語学力の向上は直近の目標です

週末はもっぱらゴルフと、英語を学んでいます。英語は会社の制度を利用して学ぶことができるので、ありがたく利用しています。社外からの電話に対し、英語で応対しなくてはいけないこともあって、その度に自分の英語力のふがいなさを痛感してしまうので、語学力の向上は直近の目標です。

あとは、サッカー観戦によく行きます。小学生の頃から好きなチームがあり生活の一部となっています。大勢の人と好きなチームを通して喜びや悔しさ共有できることが魅力と感じています。スタジアムで出会った見知らぬ人と飲みに行き、試合の感想を言い合ったりしている時間はとても楽しいものです。

昭和飛行機工業の魅力

昭和飛行機工業を選んだ理由はささいなことがきっかけ

サッカーサークルに顔を出して、ラーメン屋でバイトをして、充実した大学時代でした。就職活動時には、いろんな業界の会社を受けていました。漠然と都心ではなく郊外の落ち着いたところで働きたいなと思っていました。毎日の満員電車での通勤は考えられませんでした。

昭和飛行機工業を選んだ理由はささいなことがきっかけです。私が参加した会社説明会が雨の日だったのですが、そんな天気の日でも人事部の方が屋外で待機していて、私に気付くと「説明会に参加する方ですか。」と親切に話しかけてくれて、良い人がいる会社だなと感じました。

入社した今もその印象は続いています。今所属している部署の方はみなさん好きですね。仕事については多少浮き沈みを感じることもありますが、人間関係は常に良好です。私の課は少数精鋭でやっているところがあって、経験の浅い私にも様々な仕事を託してくれる。そんな中で、ことあるごとに仕事のことを聞いてくれたり、飲みに誘ってくれたり、手厚くフォローしてもらえるのが良かったです。干渉されることが嫌いな人もいるかもしれないですけど、私としてはこの人たちのためにも頑張らないとなと思います。